WH-1000XM4の新機能、スピーク・トゥ・チャット機能が化けそうな予感。ただ弱点もありそう。WH-1000XM3と比較しながら予想を語る。

wh-1000x デバイス

こんにちは、マルです。

前々から情報は出ていましたがついに公式に情報が解禁されましたね。
僕なりに気になった部分をこの記事では紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

主な機能と進化

ザッと見た感じ

  • ノイズキャンセリング強化
  • 圧縮音源をハイレゾ級の音に進化させる、DSEE HXがDSEE Extremeに進化
  • 自分がいる場所をAIが認識し、ノイズキャンセリングやイコライザを自動で切り替えてくれる
  • 新機能スピーク・トゥ・チャット搭載
  • イヤーパッドの接地面積を増やすことで着け心地改善

ここら辺がメイン機能や追加機能でしょうか。
細かくすると他にも機能や改善はありそうですがそこはパスします。

スピーク・トゥ・チャットとイヤーパッドの改善以外はWH-1000XM3の機能として搭載されていました。でもあの人気っぷりだったのにそれをさらに進化させるという
なかなかにえげつないですね。

ノイズキャンセリングとDSEE Extremeは心配なし

good

ノイズキャンセリングの強化と圧縮音源をハイレゾ級の音に進化させる、DSEE HXがDSEE Extremeに進化したとのことですが、
この2つの機能に関してはWH-1000XM3でも十分に活躍していたので何も心配することはなさそうです。

活躍していた機能をさらに進化させているわけですからね。逆に使ってみたら(もともと高性能すぎて)あまり変わらないなんて可能性の方がありそうですwww

スピーク・トゥ・チャットが化けそう

WH-1000XM4から新しく搭載されるのがスピーク・トゥ・チャット機能です。

この機能はヘッドホンを付け、音楽を聴いていても自分が声を出せば音楽が停止し、自動で外音取り込みモードに切り替えるという機能です。

つまりヘッドホンで音楽を聴いていても、すぐに会話ができるわけです。

WH-1000XM3ではクイックアテンションモードという右側のハウジングに手をかざすと外音取り込みモードになる機能がありました。(WH-1000XM4にもあります)
これもすごい便利で、当時は革命的でしたがスピーク・トゥ・チャット機能はこれをさらに越えそうです。

会話をするために手を動かす必要がないんですからね。革命です。
多分ですけどこの機能は誰もが便利と言うと思います。

ただそれに反して弱点も指摘されそうです。

スピーク・トゥ・チャットの弱点

まだ使ってもいないですがスピーク・トゥ・チャットの弱点として考えられるのが、
「独り言はどうなるの?」という問題です。

独り言を一切話さない人なら問題は無しですが、独り言を話す人だと問題は大アリです。

独り言を話しただけで曲とノイズキャンセリングが止まってしまうんですからね。
僕は結構独り言を話すほうで、勉強してるとき、作業をしてるときに曲が止まってしまうと気が散りそうです。

ここをアプリでうまく調整できたら最高なんですけど、どうなるんでしょうね。

付け心地はどうなるか

WH-1000XM3の付け心地は、う~ん普通?といった感じです。密閉型なので蒸れてしまうし、サイズの関係上、奥に耳が当たってしまいました。これはどのヘッドホンを使ってみても感じたことなのでしょうがないですが。

中でも一番気になったのは頭頂部の痛さでした。ヘッドバンドが少し細いので頭に当たる接地面積が少ないため頭頂部が痛くなることがありました。

対してWH-1000XM4はイヤーパッドの接地面積を10%アップしたみたいです。
これによってどう変わるかは使ってみないとわからないですが、僕含め頭頂部の痛みを感じていた方にはあまり関係ないかもです。

僕の中の結論としては、「付け心地は変わらないかな」です。

重さとバッテリー時間

重さはWH-1000XM3に比べて1g減った254gです。これだけ機能を盛っているのに前作より軽くなるのはすごいですね。

重さはめちゃめちゃ重要になるのでありがたいです。

バッテリー時間は

  • ノイズキャンセリングON  30時間
  • ノイズキャンセリングOFF  38時間

だそうです。これはWH-1000XM3と一緒ですね。
このバッテリー時間でも十分なので問題なしです。

充電時間は3時間で
10分の充電で5時間再生可能なクイック充電に対応しているようです。

買いかどうか

評価

WH-1000XM3を持っている僕目線ではスピーク・トゥ・チャット機能次第な気がします。ヘッドホンをしながらよく人と話す機会がある方はおすすめです。
そんなに話さない人はWH-1000XM3でも十分な気もします。

そもそもWH-1000XM3が優秀なので。

WH-1000XM3を持っていない人は、各局は財布と相談ですがおすすめできます。
WH-1000XM3ではノイズキャンセリングも音質もバッチリだったので買って損はしませんでした。それがさらに進化してるわけですから期待は大きいです。

結局は何を重要視するかも人それぞれなので
1つの意見として参考にしていただければ幸いです。

ちなみにWH-1000XM3のレビュー記事はこちらです↓

これで終わります。

ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました