【FPS初心者】【PS4のサラウンドとは? 有利?】PS4をサラウンド化するメリットとデメリット

ゲームをしている風景 アンプ

こんにちは、マルです。

今回はPS4のサラウンドのことや
サラウンドにするメリット、デメリットについて
僕なりに紹介していきたいなと思います。

スポンサーリンク

サラウンドとステレオについてとその違い

ゲームをしている風景

PS4では主に2つの種類の音を聞くことができます。
それが、、、

  • ステレオ
  • サラウンド

この2つになります。

ヘッドホンをした時、左右にスピーカーがありますよね?
ステレオというのは、その2つのスピーカーから音が出ることで、2.1chとも呼ばれたりしてます。
.1というのはサブウーファーのことです。

それに対してサラウンドというのは
5.1、7.1chのことになります。つまり5つ、7つのスピーカーから音が流れてくるわけです。

ステレオだと2方向の音しか聞こえないのに対し、サラウンドは5方向、7方向の音が聞こえます。

バーチャルサラウンド

ここまで読んでこう思いませんか?

クエスチョン

「ヘッドホンにスピーカーが5個も7個ついているの?」
「そんなんじゃ、サラウンドの方が有利じゃん!!」

これに答えると、
ヘッドホンにスピーカーが5個も7個もついているわけではないです。
また、サラウンドの方が絶対有利というわけではありません。

なぜかというと、ヘッドホンから出る音はサラウンドといっても
バーチャルサラウンドだからです。

「じゃあ、バーチャルサラウンドって何」というわけですが、
バーチャルサラウンドというのは、ヘッドホンにある2つのスピーカーを使って疑似的に作ったサラウンドのことです。

バーチャルサラウンドだと、なぜ完全には有利にならないのかというと
2つのスピーカーで疑似的に音を作っているので聞こえる方向が変だったり、違いがわからなかったりするからです。

サラウンドのメリットデメリット

天秤

僕なりに思うサラウンドのメリットデメリットを話します。

  • メリット  音の定位が向上する
  • デメリット 人の感覚や機材によって差が出る
  • デメリット アンプが必要になる

僕が挙げてみるとこの3つですね。それぞれ説明します

メリット  音の定位が向上する

まあ、サラウンドにするわけですからメリットはこれにつきますよね。

実際使ってみると本当に音の定位が良くなります。最近はapexをよくやっているんですが、ヤバいですね。銃を撃ちながら音の方向がわかるので「もう一人が、右から回ってきてる。いったん逃げよう。」と撃ちながら判断できます。

なので、1対3を勝つこともあります。戦いの後は「音に助けられたな」なんて思います。
やっぱりFPSにおいて、音の方向がわかるのは強いです。

デメリット  人の感覚や機材によって差が出る

デメリットとしては、サラウンドの性能はその人の感覚や機材の性能に依存します。

サラウンドにしたら逆に音が聞き取りずらくなったなんてことをよく聞いたりします。
サラウンドが合う人、合わない人がいたり、
ヘッドホンやアンプの性能でサラウンドが
「これがサラウンド? 変わってなくない?」
「逆にわからなくなった」
のように逆効果を与えてしまう可能性もあります。

そのため、サラウンドにすれば絶対良くなるとは限らないです。個人差や機材差があります

デメリット  アンプが必要になる

PS4の音声をサラウンド化するためには絶対にアンプというものが必要になります。(Sonyの純正ヘッドホンを除けば)
アンプは数千円台から数万円台までするものがあり、必ずお金はかかります
安いものだとさっきのデメリットのように、サラウンドの性能が良くないものもあったりします。

僕のおすすめはミックスアンプです
レビュー記事はこちら↓

安くて性能のいいものもありますがお金と相談ですね。
ヘッドホンとアンプがセットになっているものもあるので、今からヘッドホンを買うという人はそちらも考えてみてはどうでしょうか。

こちらは僕がおすすめするミックスアンプとA40というヘッドセットがセットになったものです。

以上で説明は終わりです。
ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました