SHURE SE215 Special Editionをレビュー!音楽、ゲームそれぞれの用途で試す!

イヤホン

こんにちは、マルです。

今回はSHUREのイヤホン、SE215 Special Editionを購入したのでレビューしていきたいと思います。使用用途としては、音楽鑑賞もいいのですが、ゲームで使ってみたらどのくらい使えるのか気になったので主にゲーム用途で使ってみました。

スポンサーリンク

内容物と外観

内容物は

  • 本体
  • イヤーチップ 2種類 (S、M、L)
  • メンテナンス器具
  • ポーチ
  • 説明書

以上になります。

イヤーチップは上の画像の通り2種類付属しています。
黒色がスポンジタイプ、灰色がゴムタイプです。
スポンジタイプは耳にピタッとフィットします。ゴムタイプはスポンジよりか余裕のあるフィット感でした。

ポーチは中にポケットがあり、本体とは別にイヤーチップやメンテナンス器具を入れることができます。

イヤホン本体は透明な青色のデザインです。L、Rの記載もあるので左右がわかるようになっています。
最初は左右がわからず、戸惑いやすいのでこの記載はありがたいです。

ケーブルとイヤホンは着脱可能であり、ケーブルが断線したときはケーブルだけの買い替えができます。

上の画像にあるように、装着側のケーブル部分は耳の形に合わせて変形可能です。
ケーブルは耳の後ろに回して装着するので、このような仕様になっています。

音質

音の波形

冒頭でも話したように、ゲーム用途で使用してみました。ゲームはAPEXです。

音質は、低音>中音>高音 の強さに感じました。結構ガツガツくる音です。そのため、イコライザ無しにゲームをするとうるさく感じました。低い音に他の音がかき消されてしまいます。
音の解像度はいいです。何の音が鳴っているのか把握することができます。

もちろん音楽も聴いてみました。音楽でも低音が強かったです。また、安いイヤホンや、スピーカーでは聞こえない音も聞き取ることができたので、やはり解像度はいいです。解像度がいいため、音のこもりもなくクリアな音です。

ゲーム用に改善した場合

ミックスアンプに繋いでイコライザを反映させ、ゲーム用に音を設定してみました。

この場合、改善前の低音のうるささは抑えられ、聞き取りたい音を聞き取ることができました。音を改善したSE215はゲーム用途でも問題なく使用できそうです。

イコライザは煮詰められたら、記事にて紹介したいと思います。

定位に関してはサラウンドでプレイしていたので把握することができました。これはSE215の実力というよりはミックスアンプの実力かもしれません。
逆に、ミックスアンプ無し(ステレオ)で定位を把握しようとすると低音が大きいので正確な位置は把握できず、相手との距離感もわかりずらかったです。

装着感

カナル型なので、耳の中にはめ込んで装着します。そのため少し耳の穴が圧迫されます。イヤーチップを余裕のあるサイズに変更すれば圧迫感はなくなりますが、耳が密閉されないので音がスカスカした音になってしまいます。なので、多少の圧迫感は許容する必要があります。

ケーブルは耳の後ろに回すタイプなので、ケーブル自体の重さは感じにくいです。
ただ、ケーブルの長さは116cmなので短めです。このケーブルの短さが意外と気になりました。逆にSE215を接続したスマホをポケットにしまって音楽を聴く場合は、ちょうどいい長さかもしれないです。
一度自分の環境で使えるか確認してみるといいかもしれません。

遮音性

遮音性はカナル型なので高いです。特にスポンジタイプのイヤーチップは、装着時は押しつぶされしぼみますが、徐々に膨らんで耳にフィットするので結構遮断してくれます。

もちろん外の音を遮断できるので、流している音楽の音漏れの心配もないです。

気になったポイント

先ほどのケーブルの長さも気になった部分なのですが、それ以上に気になったことがあります。それはイヤーチップの取り外しです。
スポンジタイプのイヤーチップに限った話ですが、イヤホンから取り外すのに苦労します。ミスをすればスポンジが破けて萎えるので注意!

外し方はイヤーチップの内側にある、灰色の部分に爪を引っ掛けて徐々にずらして外します。一気に外すことはできないので根気がいります。

まとめ

最後にまとめると

良かった点
  • 音楽用途は普通にいい
  • 解像度が高いので何の音かわかる
  • カナル型なので遮音性はいい
気になった点
  • ゲーム用途にはミックスアンプが欲しい
  • ケーブルが短い
  • イヤーチップを外すのにコツがいる

以上がまとめになります。

音楽用途であれば音は綺麗で、低音の強さもあるので不満はないです。
ゲーム用途の場合は低音の強さが、他の音を消してしまうので調整は必須だと思いました。ゲーム用途であれば、ゲーミングと名のついたモデルの方が良いと思います。ただし、音の解像度は高いので、手元にミックスアンプや他のアンプがある場合は選択肢としてSE215はありかと思います。

以上、SHUREのSE215 Special Editionのレビューでした。お読みいただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました