おすすめゲーミングヘッドセット5選【これを選んどけば間違いない2020】

ヘッドホン デバイス

こんにちは、マルです。

FPSやTPSにおいて一番といっていいほど重要になってくるのが足音です。
足音が聞こえなかったら相手の位置がわかりませんからね。
その足音を聞き分けるために必要なものがヘッドセットになります。
今回は僕がおすすめするヘッドセットをピックアップしていきたいと思います。

スポンサーリンク

評価基準

評価

ヘッドセットを選ぶ判断基準としては

  • 音質
  • 快適性
  • 値段

がメインになってくるのかなと思います。

今回選んだヘッドセットは快適性がメインになっています。
快適性にこだわって選んだというより選んでいたら快適性がメインになってしまいましたw

正直よく知られているヘッドセットだとゲームをプレイするうえでは、音質に差はないと思います。音質よりイコライザを調整した方がいいです。さすがに値段が2万超えてくると変わるとは思いますが。
しっかりとしたゲーミングヘッドセットが欲しいとなれば値段も10000円前後にはなります。
なのであとどこで差をつけるかと言ったら快適性になります。

という理由で、快適性がメインになりました。
でもゲームやってるとき快適にできたら集中できますよね。結構快適性は重要だと思います。
ちなみにワイヤレスは快適ですが入れてないです。

おすすめヘッドセット5選

感じ方は人それぞれなので良い、悪いは一概には言えませんが参考になればと。
では紹介していきます。

SteelSeries Arctis5

  • 価格 約11000円
  • 重量 約281g
  • 接続 3.5ミリプラグ、USB
  • 密閉型

まずArctis5です。Arctis5は3.5ミリプラグでの接続ができるので、PS4、switch、スマホ等で使用可能です。USB接続はPCとの接続を想定しており、付属の「Chat Mix Dial」を使えば、ゲーム音とボイスチャットの音量が調整可能です。

そしてAirweaveイヤーパッドを用いており布素材なので蒸れにくく快適です。ヘッドバンド調整はヘッドバンドにあるゴムの長さ調整をすることで行え、頭頂部に負荷がかかりずらい構造になっているので長時間ゲームがプレイできます。
PC接続時にはソフトウェアが使え、サラウンドが有効にできます。

Logicool G433

  • 価格 約10000円
  • 重量 約275g
  • 接続 3.5ミリプラグ、USB
  • 密閉型

LogicoolのG433です。まず価格ですが、Amazonだと今現在約9000円なので他のサイトよりお得です。接続は3.5ミリプラグなので PS4、switch、スマホ等で使用可能 。USB接続はPCとの接続を想定しています。PC接続時はソフトウェアを使ってサラウンドにできます。

このヘッドセットは快適性で言ったら最強クラスです。イヤーパッドはメッシュ素材なので蒸れにくく、重量も軽いので長時間の使用には適しています。
またマイクロファイバーイヤーパッドも同梱されているので自分に適したイヤーパッドを選択できます。
値段と付属品の充実さ、ヘッドセットのスペックからコスパはめちゃめちゃいいと思います。

audio-technica ATH-G1

  • 価格 約22000円
  • 重量 約257g
  • 接続 3.5ミリプラグ
  • 密閉型

ゲーミングデバイスとしてはあまりなじみのないaudio-technicaのヘッドセットです。
接続は3.5ミリプラグなので PC、PS4、switch、スマホ等で使用可能。音響機器メーカーであるaudio-technica のヘッドセットなので音質はいいと思います。

そしてこのヘッドセットの重量は257gです。ゲーミングヘッドセットとしてはとても軽いです。なので重さに苦しめられることはないでしょう。さらにイヤーパッドは側面が合皮で、耳が当たる部分はメッシュ素材なので蒸れにくいです。このヘッドセットも快適性で言ったら最強クラスです。
あとデザインもかっこいいので、外での使用もできそうです。

Sennheiser GSP600

  • 価格 約27000円
  • 重量 約395g
  • 接続 3.5ミリプラグ
  • 密閉型

SennheiserのGSP600です。このヘッドセットはゲーミングヘッドセット界のハイエンドモデルだと思っています。どこのサイト見ても大体紹介されています。最強スペックのヘッドセットが欲しいとなればGSP600になると思います。

接続は3.5ミリプラグなので PC、PS4、switch、スマホ等で使用可能。 マイクは跳ね上げ式で扱いやすいです。 イヤーパッドはとても大きく、耳を完全に覆ってくれるので没入感はあります。 個人的にイヤーパッドのサイズ感は一番好きです。

ただ快適性はあまりよくないです。重量が約395gと重すぎます。大体の人は重いと感じるかと思います。快適性は無視してますが、最強のヘッドセットなので紹介しました。価格も最強。

Sennheiser GSP500

  • 価格 約25000円
  • 重量 約365g
  • 接続 3.5ミリプラグ
  • 開放型 

SennheiserのGSP500です。GSP600の開放型モデルとなります。接続は3.5ミリプラグなので PC、PS4、switch、スマホ等で使用可能。

このヘッドセットはゲーミングではなかなか存在しない開放型です。開放型なので蒸れにくく音に広がりがあります。またイヤーパッドはメッシュ素材で快適です。
ただ他のヘッドセットと比べるとやや重いです。ここがネックですね。でもこのぐらいの重さだと意外と慣れてしまうかもしれません。

GSP500はFPSやTPS向けというよりは、RPGのような音楽も楽しめるようなゲーム向けです。 FPSやTPS で使えないことは無いですが、その場合はアンプでイコライザを調整してから使うことをおすすめします。アンプと組み合わせると真価を発揮します

PS4でサラウンド対応は?

今回紹介したヘッドホンの中で「PCだとサラウンド対応」と記述したヘッドセットがありました。では逆に「PS4ではサラウンド対応してないのか」というと

「サラウンドに対応はしているが、ヘッドセットだけだとサラウンドを聞くことができない」が答えです。別でアンプというものを用意することでサラウンドを聞くことができます。

詳しくは下記記事にて説明しています。

ヘッドセットいろいろありすぎて悩みますよね。
サイトや動画で調べるのもいいですが、やはり実物に触ることが一番参考になると思います。
ヘッドセットによってクセがあったりしますからね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました