【実際どうなの】HUANUOのモニターアームを半年使ってみたのでレビュー

HUANUO モニターアーム その他

「HUANUOのモニターアームって安いけど実際どうなの?」

と感じているあなたに

僕が半年間HUANUOのHNSS6というモニターアームを使ってみたのでそこで感じた良かった点、気になった点をお話ししたいと思います。

スポンサーリンク

そもそもモニターアームは必要か?

モニターアームは絶対にあった方が良いと思います。

理由は

  • モニターの角度調整
  • モニターの高さ調整
  • モニターを縦に傾ける
  • モニターと自分の距離を調整
  • モニターの下がスッキリする
  • 机の掃除が楽
  • スペースを有効活用できる

これらをモニターアーム1つで実現できるからです。

使ってみたらわかりますがマジでストレス減ります
「自分の欲しい位置にモニターがあるのはこんなにも楽なのか」と思うはずです。

僕の場合はゲーム中に感じます。
ゲーム中に目線と同じ高さにモニターがあることで顔を傾けることもありませんし、画面が見えないことがあれば距離も調整できます。

また、机の掃除も楽々できるので便利です。モニターアームはホントに一度使ってもらいたいです。

では本題のレビューに入ります。

HUANUOのモニターアームレビュー

耐荷重 2~6.5kg

そもそもの話ですが耐荷重以上の、モニターは付けられませんのでご注意を。

そしてモニターを使ってみた感想ですが、先に結論を言うと、

結論:コスパ良しのモニターアーム

結論は上記の通りで、コスパのいいモニターアームだと感じました。

これからレビューしていきますが、先に気になった点を紹介したいと思います。
なぜかというとこの点さえ許容できれば、買って損はないと思いったからです。

気になった点

気になった点は

  • ケーブル収納部分
  • モニターを傾けるとねじがゆるむ

この2点になります。それぞれ解説します。

ケーブル収納部分

HUANUO モニターアーム

上図の赤マル、黄マル部分にケーブルを収納することができます。モニターアームにケーブルを収納することができればモニター周りをスッキリにすることが可能です。

でも僕はケーブルを収納していません。

理由はケーブルを収納してモニターアームを動かしたら、ケーブルの端子部分が折れてしまったからです。

原因はケーブルの角度オーバーでした。
モニターに接続されているケーブルは、モニターアームを動かすと結構曲がります。

HUANUO モニターアーム

上の画像のような感じです。
これを最大まで曲げてしまうと端子が折れます。

解決策として黄マルの部分にケーブルを収納すればケーブルが折れることはないと思います。ただ、ケーブルを出す穴がサイド側にしかないのでスマートではないですが。

ちなみに穴は両サイドにあります。

無理な角度を付けさせなければケーブルは収納可能です。もし無理なら妥協策として黄マルの部分に収納もできます。これが僕の気になった点一つ目です。どうでしょう、許容できますか?

モニターを傾けるとねじがゆるむ

僕的にはケーブル収納よりこっちの方が気になりました。

HUANUO モニターアーム

上の赤マル部分のねじを締めることで、モニターの傾きを調整します。
ただ、ねじには向きがあるので、、、

HUANUO モニターアーム
HUANUO モニターアーム

画像のように矢印方向にモニターを動かすとねじがゆるむ、締まる現象が起こります。

締まる分には特に問題はないですが、ゆるんでしまうとモニターが勝手に下を向いてしまいます。これは少しストレスでした。
ただ、ねじの締め具合を調整すれば勝手にモニターが下を向くことはなくなりましたので、対策は可能です。それでも少し緩みは感じます。

以上が僕が使っていて気になった点です。
この2点以外は使っていて気になることはなかったです。

その他はいたって普通のモニターアームです。この話は良かった点で話したいと思います。

良かった点

良かった点は

  • 不足ない可動範囲
  • 作りがしっかりしている
  • 取り付け部が回しやすい

以上の3つです。といってもモニターアームとして当たり前の話になります。表現を変えるならば、値段の割に不足のない性能といった感じでしょうか。

それでは解説していきます。

不足ない可動範囲

可動範囲についてですが、使っていて気になることはありませんでした。

普通のモニターアームとして使うことができます。

HUANUO モニターアーム
HUANUO モニターアーム

ガススプリング式なので上下も楽々動かせます。

HUANUO モニターアーム

僕の持っているもう一つのモニターアームはねじを緩めて持ち上げなければ上下の調整ができないので、ガススプリング式のありがたみがわかります。

ガススプリングはモニターごとに調整を行う必要があるので注意です。といってもねじを回すだけで簡単に調整できます。

作りがしっかりしている

値段はアームとしては安いですが、肝心の作りはというとしっかりしています。

HUANUO モニターアーム

上の画像で光沢がある部分は金属で作られ、ケーブル収納部分はプラスチックです。重量がかかるポイントは金属が使われているので安心です。もちろん耐荷重以内の話です。

取り付け部が回しやすい

モニターアームは机を挟むように取り付けをしますが、机の下でクランプを回さなければなりません。

このモニターのクランプは回しやすく取り付けが楽でした。

HUANUO モニターアーム

画像のように持ち手が大きいです。僕は何回か付け外しをしていたのでその都度助けられました。

持ち手が小さいと力が伝わりませんし、机の下なので態勢もきつく疲れます。モニターアームのポジションをよく変える方はここはおすすめポイントです。

まとめ

以上がHUANUOのモニターアームのレビューになります。最後にまとめると

  • ケーブル収納部分
  • モニターを傾けるとねじがゆるむ

が気になる点で

  • 不足ない可動範囲
  • 作りがしっかりしている
  • 取り付け部が回しやすい

が良かった点でした。

気になったポイント以外は普通にいい商品だと思ったのでモニターアームで悩んでいる方にはおすすめです。

それではレビューを終わります。
ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました