【G733レビュー】PCとPS4で試し評価しました。メリット、デメリットもあり。

G733 デバイス

こんにちは、マルです。

今回はLogicoolのG733をレビューしていきたいと思います。
G733は重量、ヘッドバンド、イヤーパッドすべてが快適メインで作られているような印象だったので快適性がどうなっているのかすごい楽しみです。

スポンサーリンク

スペック

まず主要スペックを紹介したいと思います。

重量マイク無し:278g
マイク有り:284g
ドライバーPRO-G 40mm
通信可能範囲最長20m
接続タイプLIGHTSPEED
充電ケーブルUSB-C
充電時間ライト無し:29時間
ライト有り:20時間

詳しいスペックは公式サイトを確認してください。

サクッと特徴

カジュアルなデザイン

ご覧の通りゲーミングヘッドセットとしては、かなりカジュアルなデザインになっています。
カラーバリエーションは

  • ブラック
  • ホワイト
  • ライラック
  • ブルー

の4色展開になっています。

僕はブルーを購入しましたが、思ったよりも鮮やかな青で、かっこいいです。

記事を書いている今現在、ブラック以外の色はLogicoolの公式ストアしか販売してないっぽいです。

充電はライトのオンオフで9時間変わる

充電は

  • ライトON:20時間
  • ライトOFF:29時間

となっています。

G733はG733自体にLEDが装備されていて光ります。ライトというのはそのライトのON、OFFのことです。

ライトをOFFにしておけば29時間充電は持ちますが、ライトをONにすると20時間の充電時間になります。基本的にはOFFが推奨かなと思いました。

重量

重量はワイヤレスなのに278gです。有線のヘッドセットでも300gのものはたくさんあるのに、それを下回る軽さをG733は実現しています。

重量重視の方はそれだけで価値あるものだと思います。重量はゲーミングヘッドセット界ではトップクラスです。

さらにヘッドバンド部分は重量を分散する設計になっているので、重さというものが無くなりそうです。付けてみてからの感想は下に書いてあります。

外観、内容物

G733

箱はこんな感じです。

内容物

G733

内容物は

  • 本体
  • USBレシーバー
  • マイク
  • 充電ケーブル
  • 説明書

になります。

外観

G733
正面
右側
G733
左側
G733
後ろ側

ただ、一言「かっこいい」

イヤーパッド

G733

イヤーパッドはメッシュです。付けた感じはチクチクしない感じのメッシュでした。
内側の黒い部分はレザーっぽい素材でした。

ドライバー側にはR,Lの表記があります。

ドライバーはPRO-G 40 mmです。

ヘッドバンド

G733

ヘッドバンドはゴム質の帯です。このバンドは伸び縮みするので頭にピタッとフィットする感じになります。

G733

バンドの先端には穴が開いており、このどちらをヘッドホンに取り付けるかで、バンドの締め付け具合を調整します。

G733
G733

ヘッドホン自体の調整幅は上の画像の通りであまり幅はありません。カチカチと動くタイプではなく、スーっと動くタイプです。

ボタン類

G733

ボタン類は左側のイヤーカップにあります。

  • ミュートボタン(ソフトウェアでカスタム可能)
  • ボリュームダイアル
  • 電源ボタン
  • 充電端子接続口(USB-C)

右側には何もありません。

重量

重量はマイクを合わせると284gでした。Logicoolのスペック表はマイク無しの重量ですね。

ワイヤレスなのに300gを下回るのはすごいです。めっちゃ快適そう。

ソフトウェア

ソフトウェアの紹介をします。

ソフトウェアでは

  • ヘッドホン
  • マイク
  • 割り当て
  • ライティング

の4つのタブがあり、設定することが可能です。

上図はヘットフォンのタブです。音量の欄とサラウンドの欄がありますが、まずは音楽の欄から説明します。

ここでは

  • 音量
  • マイク音量
  • サイドトーン
  • イコライザ

の設定ができます。

イコライザはもともとのプリセットがあるので用途に合わせて選択もできますし、自分でカスタマイズすることも可能です。

次にサラウンドの欄です。

サラウンドの欄を選択するとサラウンドの設定ができます。できることはサラウンドのモード選択と、ステレオのモードの選択です。

右の青丸にある「サラウンドサラウンドをテスト」をクリックすると、その上にあるスピーカーマークの方向分の音を聞くことができます。
さらに各方向の音量をカスタムできるので、自分が聞こえずらい方向の音量を上げ、聞こえやすい方向の音を下げることも出来ます。

次にマイクのタブを見ていきます。

マイクのタブでは

  • マイク音量
  • マイク音録音、録音を聞く
  • blueの設定
  • blueのプリセット選択
  • 詳細コントロール

ができるようになってます。

マイクの設定項目はすごい多いです。青丸の・・・を押せば

・・・の該当する項目のさらに詳細が設定できます。こんな感じでマイクはとことん設定できます。

そしてこのマイクタブでは、設定したマイク音声を録音、そしてそれを試聴できるので、
マイク音声を設定したらすぐにその音声を聞くことができます。これは便利でした。

次に割り当てタブを見ていきます。

割り当てタブでは、イヤーカップについていたマイクミュートボタンの機能を別の機能に割り当てることができます。といってもマイクのミュート機能が一番使いそうなのでそのままでいいと思います。

次にライティングタブを見ていきます。

ここではライティングの設定ができます。

ライトは上部と下部に分かれておりそれぞれカスタム可能です。
光り方は

  • OFF
  • 固定
  • サイクル
  • ブリージング
  • 画面サンプラー
  • オーディオビジュアライザー

の中から選ぶことができます。

GHUBの右上に歯車マークがあるのですが、そこをクリックすると

このような画面になります。ここでは

  • デバイス起動効果
  • 低バッテリー時のライトエフェクト
  • 低バッテリーになったら電源が切れるかどうか
  • バッテリーの音声通知の言語
  • イコライザ、サラウンドの切り替え通知
  • 何分放置したら電源が切れるか

これらの設定がこの画面ではできます。特に「何分放置したら電源が切れるか」は重要そうなので設定しておいた方が良いです。無駄なバッテリーは消費したくないですからね。

ソフトウェアの設定は以上になります。

次は実際に使ってみた感想を各項目別でお話ししたいと思います。

音質

音の波形

PC使用時

ステレオとサラウンド両方とも、イコライザは元からGHUBにある「FPS」という設定を使ってみました。
その中でどのように音が変化たかお伝えしたいと思います。ちなみにAPEXで試しました。

ステレオ時

ステレオ時の音質は、低音、高音も出ていますが、中音が一番強く感じました。

銃を撃った時は「ドン」という低音より、その中で鳴る「バシーン」という音の方が強かったです。

中音が一番強く感じたと言いましたが、聞こえる足音もその影響を受けており、砂の上を走る「サッサッ」という足音が一番聞き取りやすかったです。

定位は良かったです。ステレオなので右左ははっきり聞こえます。前後は感覚で聞いているので実際に合っているかはわかりませんが、前の方が音が大きく、後ろの方が音が小さくなっているようように感じました。前後もわかります。

音質は一言で言うと「高音型のFPS」にステレオ時はなります。

サラウンド有効時

サラウンドを有効にすると結構低音が強くなり、響くようになりました。
なので、GHUBのサラウンド設定画面で低音を0にして使用しました。

サラウンドだとステレオと音質が変わり、低音が一番強くなります。先の銃声の例で言うと「ドン」の音が一番強くなります。
APEXの試合をやっていてG7を撃っているときに敵が接近してきているのに気づかないときがありました。銃声に足音がかき消されていました。

なので、微調整として低音部分のイコライザを少し弱めてやれば、バランスのよい音になるのかなと思いました。

定位はしっかりとつかむことができました。銃は撃っていなかったときですが「後ろからかすかに足音が聞こえているな」と思ったら、別パが来てて早めに逃げれたこともありました。サラウンドは少し響くようになりますが方向はつかみやすかったです。

こちらは一言で言うと「低音型のFPS」になりました。

PC使用時まとめ

FPSで必要な音は拾っているなと感じました。これはステレオ、サラウンド両方に感じることでした。

両方とも環境音は抑えてあり、足音、銃声を聞き取りやすいようヘッドセット及びイコライザはカスタマイズされているなと感じました。

なので、サラウンド有効時のように、「低音が強ければ少し抑える」といった感じで自分の好みにイコライザをカスタマイズすれば十分に活躍してくれます。

プレステ使用時

USBレシーバーを直接PS4に繋いで使用してみました。

結論は「G733のもともとの性能は十分だけど、ミックスアンプでカスタマイズされた音声にはかなわない」です。

音自体はFPS,TPS用にチューニングされており、環境音は拾わないようになっていました。足音も普通に聞き取ることができましたが、ミックスアンプでカスタマイズした音よりは劣りました。

普段聞こえているはずの足音が聞こえていないことが多くありました。また、PCで使用したときよりも足音は拾えていなかったので、PS4だとG733の全力は出しきれいないです。

音楽用途

YouTubeで音楽を流し聞いてみましたが、普通にきれいでびっくりしました。「ゲーミングヘッドセットだったよな?」って思っちゃいました。

この音質なら普通に音楽鑑賞できます。また、付け心地もいいしワイヤレスなので作業用、勉強用でも使えるのではないかと思いました。USBレシーバーでの接続に限りますが。

装着性

G733

装着性はめちゃめちゃいいです。4時間くらいゲーム、音楽鑑賞等で付けていましたが大丈夫でした。

耳はイヤーパッドに乗っかる感じはありません。ただ、奥に耳が当たる感じがするのでそこが少し気にはなります。

イヤーパッドはメッシュなので蒸れる感じはしません。快適です。G433のメッシュイヤーパッドはチクチクしましたが、G733のイヤーパッドはチクチクしないです。

またヘッドバンドは頭にピタッとくっついてくれて頭にかかる重量を分散してくれます。なので頭頂部は痛くならなかったです。

僕はメガネを付けてゲームをしますが、メガネのフレームが当たって痛くなることはなかったです。
(※フレームの位置によっては痛くなりました。)

マイク音質

マイク音質はYouTubeを参考にお願いします。

え⁉めっちゃ快適じゃん‼【G733レビュー】

充電残量通知機能

電源ボタンを長押しせずに1回押すとG733の充電残量を教えてくれます。
手軽に充電残量を把握できるので便利な機能です。プレステでゲームをやるときは重宝しそうです。

cloud flight s との比較

音質

cloud flight sのサラウンド使用時の音質は、G733のステレオ使用時の音質に近いと思いました。中音が強いタイプの音です。
正確に言うとcloud flight sの方が高音も出ているように感じました。

定位はどちらもいいです。しっかり方向がわかります。定位は十分なので、あとは音質の好みの差になってくるのかなと思いました。
ただ、cloud flight sはイコライザの設定ができないので固定になります。

G733はホワイトノイズが少し聞こえるくらいでしたが、cloud flight sはホワイトノイズは結構聞こえます。何も音楽が流れていないと気になりました。

装着性

こちらが結論になります。

  • G733は快適よりの付け心地のよさ
  • cloud flight sは高級感ある付け心地のよさ
  • G733の方が長時間つけられる

解説をすると、

G733はイヤーパッドがメッシュなので蒸れず、快適な付け心地です。頭頂部もサスペンションヘッドバンドのおかげで痛くなりません。

cloud flight sはイヤーパッドがレザーなので蒸れやすいですが、イヤーパッドはモッチリしており高級感ある付け心地です。ヘッドバンドは低反発で頭との接地面積も多いので、頭頂部は痛くなりません。

ただ、どっちの方が長く付けられるかといったらG733になります。
理由はレザーのイヤーパッドであるcloud flight sの方が蒸れますし、G733に比べて圧迫感があるので、長時間ではG733の方が付けられると思います。

充電時間

G733ライトON:20時間
ライトOFF:29時間
cloud flight s30時間

充電時間はライトを点けなければ、ほぼ一緒です。なので充電時間による差はないと思います。

cloud flight sのレビュー記事はこちらです。

まとめ

評価

最後にまとめをメリット、デメリットで分けて紹介します。

メリット

  • 快適性最強
  • FPS,TPS用途では不足なしの音
  • さらに音が綺麗で音楽鑑賞もいける
  • ソフトウェアのマイク設定が凝っている

デメリット

  • 値段が2万円近い
  • PS4だと完全な恩恵は受けれない
  • USBレシーバーで接続できるものだけ使用可能

以上が簡単なまとめになります。

ワイヤレスなのに300gを下回っているし、ヘッドバンドもフィットする。イヤーパットもメッシュで疲れにくいので、快適性では本当に最強だと思います。

音もG733自体がFPS,TPS向きの音になっていますし、GHUBでカスタムすれば応用も利くので音も不足無しです。

これがPS4でも完全に使えたなら言うことなしですが、ワイヤレスの宿命ですね。PC用途で快適性重視するならかなり推せるゲーミングヘッドセットです。

最後に評価を載せておきます。

総評

G733

超快適

充電長持ち

オシャレ

10

快適性

8

音質

10

デザイン

7

コスパ

そんな感じでG733のレビューを終わりたいと思います。

ありがとうございました。

デバイス ヘッドホン
スポンサーリンク
marublog

コメント

タイトルとURLをコピーしました