イヤーパッドが2種類も付属でお得かつ快適なロジクールのG433をレビュー

デバイス

こんにちは、マルです。

今回はロジクールのゲーミングヘッドセット、G433をレビューしていきたいと思います。
イヤーパッドがメッシュで重さも軽いとのことなので、どれくらいの快適性なのか期待したいですね。

スポンサーリンク

外観と付属品

イヤーパッドもそうですがイヤーカップもメッシュで覆われています。
イヤーカップは90度回転するので休憩時には首にかけれます。

ヘッドバンドもメッシュです。

ドライバーですが、斜めになっており耳が奥に当たりにくい構造になっています。
この構造はありがたいですね。

ヘッドバンドの調整はカチッとヘッドバンドを動かすタイプで、メモリも書いてあるので見やすいです。

付属品は

  • ヘッドセット本体
  • マイクロファイバーイヤーパッド
  • キャリーバック
  • 取扱説明書

左から

  • モバイルケーブル 1.5m
  • コンソール/PC用ケーブル 2m
  • USB-DAC
  • PC用スプリッタ
  • マイク

これらが付属品になります。

主に使うことになるコンソール/PC用ケーブルにはマイクミュートと音量調整ができるようになっており、モバイルケーブルにはメディアコントロール用のボタンがあります。

マイクロファイバーイヤーパッドとメッシュイヤーパッドの比較です。
茶色いほうがマイクロファイバー、
黒いほうがメッシュです。

メッシュは少しザラザラした感触でしたがマイクロファイバーはしっとりとした感触です。肌触りはマイクロファイバーの方がいいと思います。
ただ、通気性はメッシュの方が良いと思いました。
どちらを使うかはそれぞれの好みですね。

イヤーパッドの大きさは

  • 縦約7cm
  • 横約5.5cm

でした。
付けた時耳の上にイヤーパッドが重なることはありませんでした。

重さは262g(マイクなし)でした。ゲーミングヘッドセット中ではかなり軽い部類だと思います。マイク無しですが、マイクがあったとてそこまで影響はないと思うので、重さ重視の人はおすすめです。

良かった点

評価

使ってみてよかった点は

  • 快適性
  • イヤーパッドを選べる

この2つです。

それぞれ解説していきます。

快適性

今まで触れてきたように重さは262gで、イヤーパッドはメッシュなので快適性は抜群です。特に夏場なんかは耳を長時間密閉していると蒸れますが、
G433なら問題なさそうです。

上記はメッシュのイヤーパッドの話ですが
マイクロファイバーのイヤーパッドに変えても、合皮よりかは快適だと思います。

また頭頂部も痛くなることはなかったです。

ただ密閉型なので開放型に比べ湿気や熱がこもる感じはあります。
僕はG433よりはGSP500HD599のような開放型ヘッドセットの方が快適でした。

イヤーパッドを選べる

G433はメッシュとマイクロファイバーのイヤーパッドが付属しています。
僕はメッシュのイヤーパッドを使っていた時、耳の周りがかゆくなりました。メッシュだと少しチクチクする感じがあります。
そこでマイクロファイバーのイヤーパッドを使ってみましたが、マイクロファイバーは肌触りがよく、かゆくなることはありませんでした。

2種類のイヤーパッドが付いてくるので好みのイヤーパッド選べるのはいいですね。

気になった点

bad

次に気になった点です。気になった点は

  • 音質
  • 側圧
  • イヤーパッドの網
  • ケーブルの音が伝わる

この4つです。

音質

音質は高音が強く低音は弱い印象でした。そのためシャリシャリした音質です。
低音域に関してはGSP500よりも弱いと思いました。
足音は、聞こえないことは無いですが音としては軽い音になってしまいます。

足音が高音よりのゲームであれば逆にOKですが、低音よりの場合イコライザで調整した方が良いかもしれないです。

側圧

側圧は少し強めです。FPSのような、常に緊張した状態が続くゲームなら気になりませんが、ゆったりとしたゲームだと気になりました。その場合は長時間はきついかもしれません。僕は2時間くらいで頭が痛くなりました。(ちなみにデスストをプレイ)
ただ側圧は使っていれば緩みますし、箱を使って弱くすることもできるので対策は可能です。

イヤーパッドの網

イヤーパッドはメッシュとマイクロファイバーの2つが付属していますが、ドライバー側の網の張り具合が違います。
画像だとわかりにくいですが左のメッシュの方が、右のマイクロファイバーより網が張っています。
G433はドライバーが斜めになっており、耳が入る空間が広くなっていますが、この網が張っていることで耳が網に当たります。
そのせいで耳が痛くなることはありませんでしたが少し気になりました。

ただこれは個体差かもしれないのであまり気にしなくてもいいのかなと思います。

ケーブルの音が伝わる

G433は有線なのでケーブルで接続するわけですがそのケーブルが服にこすれたりすると、その音が伝わります。カナル型イヤホンによくあるやつです。
これも気になる程度で使用に支障はないですが気になったため挙げておきます。

ソフトウェア

G433はPCとUSB-DACで接続するとロジクールのゲームソフトウェアが使えます。

ソフトウェアでは音量の設定やイコライザの設定、サラウンドの設定などができます。

PCであればソフトウェアを使ってサラウンドにすることができますが、
PS4などは、G433単体ではサラウンドにすることはできませんのでご注意を。

サラウンドの質は僕自身あまりわかりませんが、
普段ミックスアンプを使ってプレイしていますが、その時と同じ感覚でプレイできたのでサラウンドの質はいいと思います。

以上でG433のレビューを終わります。
ありがとうございました。

デバイス ヘッドホン
スポンサーリンク
marublog

コメント

タイトルとURLをコピーしました