【Cloud Alphaレビュー】1年間使ってみてわかったこと FPS向き 使用後レビュー

cloud alpha デバイス

こんにちは、マルです。
私が初めて買ったゲーミングヘッドセット
HyperXのCloud Alphaを約1年間つかってみたので、その中でいろいろ分かったことを
伝えていきたいなと思います。
難しい構造などは省きます。
自分でもよくわからないですしねw 

スポンサーリンク

外観

正面
左側
右側
ヘッドバンド
イヤーパッド

僕的には見た目はかっこいいと思います。
イヤーパッドは合皮なのでフワフワしたさわり心地です。ただ使っていると蒸れてきます。
これはしょうがないですね。
ここからは使ってみて思った、良かった点と悪かった点を挙げていきます。

良かった点

happy

良かった点は

  • 足音が聞こえやすい音質
  • 邪魔にならない重さ
  • 自在に曲がるマイク

この3つが僕的に良かった点です。それぞれ解説していきます。

足音が聞こえやすい音質

Cloud Alpha の音質はさすがゲーミングヘッドセットという感じで
低音域が強く、足音をよく拾います

また、環境音(風の音や鳴き声など)をあまり拾わないという印象でした。
なので足音を聞くことに集中できました。

足音の定位も良く、ステレオですが「あ~ ここにいるな」という感じで
相手の位置もつかむことができました。ステレオでここまでの定位を出せるのは正直驚きました。

邪魔にならない重さ

重さはマイクを含めると309gあります。ゲーミングヘッドセットの重量は大体300g前後なので
重さとしては標準かなと思います。
標準であっても重さは特に気になることもなく、ヘッドバンドも柔らかいので
ゲームに集中できないとなることはなかったです。
ただし耳が…
これは悪かった点で説明します。

自在に曲がるマイク

このヘッドセット、自在にマイクが曲がります
「(。´・ω・)ん? だから?」

小さいことかもしれませんが、これがまたいいんです。
自在だとマイクをいいかんじに口元まで持ってこれます。
自分のベストポジションに持ってこれることで視界に入ることもなく、声も相手側にしっかりと伝えることができます。このおかげで気が散ることがなくなりました。

ちょっとしたことかもしれませんが、気になることが無くなるだけで
プレイしやすくなりました。

悪かった点

bad

悪かった点は

  • 耳に乗っかるイヤーパッド
  • 蒸れる

この2つが気になった点です。それぞれ解説していきます。

耳に乗っかるイヤーパッド

cloud alphaはオンイヤー型(耳に乗っかるタイプ)ではなく、
オーバーイヤー型(耳を覆うタイプ)なんですが、
どうしてもイヤーパッドが耳に乗っかります
2時間くらいゲームをやっていると乗っかっている部分がどうしても痛くなってきます
なのでたまにヘッドセットをはずして休憩することがありました。
休憩した後にまたヘッドセットをつけて再開するわけですが、まだ耳はヒリヒリしており
少しプレイしてまた休憩する、なんてことを繰り返していました。
この点に関しては今愛用中のGSP500の方が個人的に優れていると思います。
重さはあれですけど…

GSP500レビュー記事

蒸れる

これはしょうがないのですが蒸れます。特に夏場。
ゲーム中はゲームに集中しているので特に気になることはありませんが、問題はヘッドセットを外した時です。
外してイヤーパッドを見ると、汗でテカっていて
「うっ… やばいな…」
なんてよく思いました。
耳も触ってみると蒸れのせいで濡れています。
僕自身そこまで気にはしてなかったですが、気になる人は開放型のヘッドセットかメッシュなどの素材を用いたイヤーパッドのヘッドセットにすることをおすすめします

まとめ

ざっくりにまとめると

  • 音質はFPSをやるには申し分なし
  • マイクが自在に曲がるよ
  • イヤーパッドが耳に乗っかる→痛くなる
  • しょうがないけど蒸れる

こんな感じでしょうか。

今回はこんな感じで終わります。
ここまで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました