打ちやすいし音もいいオレンジ軸を搭載【Razer BlackWidow Liteレビュー】

キーボード

こんにちは、マルです。

僕はずっとテンキー付きのゲーミングキーボードを使っていたのですが、
机が狭くてスペースがありませんでした。

なのでテンキーレスのキーボードが欲しくなったわけです。
そこでレイザーのオレンジ軸が気になりそれを搭載した
black widow liteを買ってしまったわけです。

はい、言い訳タイム終了です。欲に負けただけです。
ではではレビューしていきます。

スポンサーリンク

外観、内容物

箱からの箱ですね。

箱を開けるとこんな感じです。
なんか高級感ただよってました。

ちなみに日本語配列です。
日本語配列はスペースキーが短いのでここは注意です。

内容物は

  • 本体
  • ケーブル
  • 静音リング
  • キーキャップ抜き
  • 説明書(ちょろっと日本語あり)

でした。

ケーブルは接触部が緑色でオシャレです。
端子はmicro-USBです。

上の画像だと見えませんでしたがキーキャップ抜きはこんな感じです。
これが付いてるのはありがたいですね。
指だけでキーキャップを抜くのは難しいですからね。

キーキャップを外すとオレンジ軸が顔を出します。
前に使っていたロジクールのキーキャップは付けれたので、十字型のキーキャップであれば付けられると思います。

静音リングはキーキャップ側にハメます。

裏面はゴムのラバーが付いているので滑りにくいです。
キーボードの側面にマウスが当たるくらいなら全く動かないです。

角度は二段階ですが僕は角度を付けない方が使いやすかったです。
角度付けると高くなって押しにくくなりました。
まぁこれは人それぞれですね。

一応テンキー付きのキーボードと比較してみました。
やっぱり小さいです。いいっすね。

CapsLock時はキーが緑色に光ります。

オレンジ軸

black widow liteはオレンジ軸を採用しています。

スペックは

  • 押下圧45g
  • アクチュエーションポイント1.9mm
  • ストローク4.0mm

このようになります。

レイザーのキーボードの軸は他に
グリーン軸とイエロー軸がありますが、
オレンジ軸はその中で茶軸的な立ち位置です。

打鍵感

僕はもともと青軸を使っていたので青軸比較にはなりがちですが、
カチカチ感は一切なく、カタカタ感が強いです。押した時にスコっといきます。
これはこれで押した時に気持ちいいです。

また、前使っていたキーボードよりもキーとキーの間が狭くなったためか、
すごい押しやすく感じました
これはゲームをやっているときも、文字を入力しているときも感じました。

音に関しては動画があるのでそちらを参考にしてみてください。

静音リングの有無比較バージョン↓

Razer BLACWIDOW LITE 静音リングの有無比較

静音リングを挟むと、結構音は小さくなります。特に高い音を防いでくれます。
ただ少しですが、ゴムのぐにゅって感触が加わります。

次にクリッキー(青軸)との比較バージョン↓

ロジクールのクリッキーとレイザー のオレンジ軸の比較

先ほども言ったようにカチカチ感の青軸。カタカタ感のオレンジ軸です。
青軸は最初あこがれるんですが、次第にうるさく感じてきちゃいましたね。
たまに青軸を押して、カチカチ感を楽しむのがいいですw

ソフトウェア

ソフトウェアではキーごとに機能を割り当てれたり、
ライトの明るさ調整や、操作していないとライトが自動で消える設定もできます。
設定ごとに特定のゲームに紐づけることもできます。

ライトの色は白色のみです。
また、光り方は常時点灯のスタティックか
ついたり消えたりのブリージングの2種類だけです。

RGBゲーミングキーボードのようにキラキラはしないのでそこはご注意を。

あと、black widow liteはゲームモードがあるのか僕自身わかりませんでした。
ゲームモードあり、と書かれているところもありますが、その操作がわからないです。
ちなみにWindowsキーはソフトウェアで操作できません。
なので無効にできなんですよね。
そこがちょっとわからないポイントでした。

ただblack widow liteはスペースキーが小さい以外は、クセが無いので
万人受けしやすいキーボードだと思います。
他のゲーミングキーボードよりも安いですし、
落ち着いたキーボードが好みであればおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました