【tp-link Archer A10レビュー】一人暮らし、ワンルームが導入したらどうなったか

TPlink箱 その他

こんにちは、マルです。

今回はtp-linkのArcher A10というルーターを購入したのでレビューしたいと思います。

と言いたかったんですが、僕の現在の環境が

  • ワンルーム
  • 通信速度max100Mbps (地域的な関係)

であるため、「Archer A10スゲー」みたいな結果が出ませんでした。
それはそれでリアリティーあっていいんですが、
せっかくなんで「ワンルームが導入したらどうなったか」をお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

スペック

まずスペックを紹介します。

規格IEEE 802.11ac/n/a 5 GHz
IEEE 802.11n/b/g 2.4 GHz
速度5 GHz: 1733 Mbps
2.4 GHz: 800 Mbps
有線ポートWANポート×1
LANポート×4
プロトコルIPv4
IPv6
Wi-Fiの範囲3LDK
寸法 (横×縦×高さ)216 × 164 × 36.8 mm

主?なスペックはこちらになります。といっても、ほんの一部です。詳細はホームページからお願いします。僕はルーターの専門家でもないので詳しくはわからないですが、とりあえず高性能だということは伝わります(笑)

特徴

次に特徴を紹介します。

Wi-Fi信号のビームフォーミング

接続しているデバイスに向けてWi-Fi信号を集中させることが可能。そのため安定してネットに繋がりますし速度も安定。この技術によりWi-Fi信号を余すことなく受信できます。

MU-MIMO技術

先ほど紹介したビームフォーミング技術を応用し、1つのルーターで複数のデバイスの通信を行うことができる技術です。今までの技術では1対1の通信を順番に行っていましたが、Archer A10はこの技術を利用し、最大4台までの同時通信を可能にしました。そのため最大4倍の通信が可能です。

ギガビットポート搭載

全ポートがギガビットポートなので1G以上の通信が可能です。そのためポートの規格にとらわれることなく通信できます。

バンドステアリング機能

Archer A10は2.4GHzと5GHzのバンドの通信が使えます。Wi-Fiは時間帯や環境によって通信環境は変わってきます。そこで通信環境から適切なバンドを見つけ出し、デバイスに割り当ててくれます。そのため快適な通信を実現してくれます。

エアタイムフェアネス

接続されたデバイスごとの通信時間を均等化する技術です。
通信が遅いデバイス、速いデバイスが同時に接続されていると、どうしても通信が遅いデバイスに待たされることになります。エアタイムフェアネスはその待ち時間をなくすための機能で、この機能により通信速度の改善がされています。

外観、内容物

それではここから外観と内容物の紹介です。

TPlink

箱はザ・ルーターって感じの箱で情報量が多いです。

TPlink

箱の裏側にはこのルーターの特徴が記載されています。

TPlink

箱を開けると袋に包まれたArcher A10 が登場

内容物

TPlink

内容物は

  • 本体
  • LANケーブル 1m
  • 電源ケーブル 1.6m
  • 説明書

が入っていました。

LANケーブルが入っているのはうれしい!! 使わせていただきます!

TPlink

表部分はLEDで光るのでルーター、ネットワークの状態がわかります。

大きさ

TPlink

横幅と縦幅はスペック表通りですが、高さは縦置きした時の高さみたいですね。
画像の場合は寝かせてアンテナ立てた場合なので高さは約150mmです。

僕は大きさには困らなかったですが、少し大きいほうだと思います。
Archer A10は横置き、縦置きに対応しているので好きな置き方ができます。
また、専用スタンドもあるので立てかけたい場合はおすすめです。

側面

TPlink

ボタン類は

  • Wi-FiON/OFFボタン
  • リセットボタン
  • WPSボタン

が横側の側面に

TPlink

後ろ側は

  • 電源端子
  • 電源ボタン
  • インターネットポート
  • LANポート

が付いています。

初期設定

TPlink

初期設定はスマホのアプリまたはブラウザから設定できます。設定方法は取扱説明書とアプリ内、ブラウザ内に書いてあります。ちなみに設定は簡単なのですごい楽です。

TPlink

ただ、アカウント登録の時にメールアドレスのiCloud.comが使えませんでした。なので僕はgメールで登録しました。これはなんでだったのかよくわかりませんでした。
「ブラウザから設定すれば行けたのかな?」と一人で考えています。

設定途中で接続タイプの設定がありますがIPv6プラスだとスマホアプリからでは設定できない可能性があります。その場合はブラウザのアドレスバーに
http://tplink wifi.net または 192.168.0.1
と入力することでブラウザで設定することができます。

登録後の設定もアプリから行えます。詳細な設定はブラウザから行わなければなりません。
ただ、ブラウザもアプリも見やすいので扱いやすいです。

サポートのリンクを載せておきます。何かあったらこちらにどうぞ。

速度比較

ちなみに前の機種はこちら。

エレコムルーター

エレコムのWRC-1167GST2という機種でした。このルーターはWi-Fiの契約時に貸し出されたルーターで、今では最新機種の1つ前の機種のようです。

それでは速度比較の結果をどうぞ。

こちらがエレコムのルーターで測定した速度です。

次にArcher A10 の2.4GHzでの測定です。

次にArcher A10 の5GHzでの測定です。

結果は「大して変わらない」でした。
というよりエレコムルーターで十分だった可能性が高いです。
5GHzの場合は少し速度が速くなっていますがそこまで差はないですね。

これだけ見るとショボいかもしれませんが冒頭で話したように、僕の環境はArcher A10の全力を発揮できる環境じゃありませんでした。
速度の上限は100Mbpsですし、その8割はエレコムでも出ていましたからね。
さらには、どこにいてもWi-Fi届きます。

結論を言うと、「一人暮らしにはオーバースペックすぎる」ということです。

だが、しかし、、、

速度だけ見ると何も変化はないですが、「通信の質」を比べると大きな変化がありました。

その変化とは、主に通信の途切れです。

エレコムの場合、パソコンでtwitchの配信を見ているとたまに止まることがありました。でもArcher A10にしてからは止まることはなくなりました。
またPS4でゲームをやっているときでも、落ちる回数が減ったと思います。(ゲーム側が原因で落ちることはありますが)

この途切れが無くなったのはうれしかったです。
途切れるのって地味にストレスですからね。

結論

通信の質まで話を広げれば、
「一人暮らしではオーバースペック気味ではあるが、通信の質はよくなった」
と結論が出ました。

上限が1Gbpsであったら速度にも変化はあったかもしれないです。

まとめ

アイデア

まとめると、

  • 通信速度は上がるはず(契約次第)
  • 通信の質は良くなる
  • 初期設定が簡単
  • 一人暮らしだとオーバースペック

こんなところでしょうか。

僕は完全な恩恵は受けることができませんでしたが、通信の質は改善されたので満足です。
価格も約8000円と高価なわけではないのでコスパもいいのではないでしょうか。

Archer A10の恩恵を確実に受けたい方は光回線をおすすめします。

その中でも高速な NURO光 をおすすめします。

最大で2Gの速度で他の回線よりも早いです。
また、ゲームをするうえでもおすすめです。
回線で負けたくないですよね?(笑)

それではこの記事は終わりです。
ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました