かゆい所に手が届く存在 Ankerの4ポートウルトラスリムUSBハブを使ってみました

その他

こんにちは、マルです。

パソコンのUSBポートって2つや3つくらいで多くはないですよね。マウスをつないだり、キーボードをつないだりすると残り半分のポート数になってしまいます。

そうなるとポート数が足りなくなりますよね。そこで活躍するのがUSBハブです。

USBハブって種類結構あって迷うのですが、Amazonでチョイスされていた
Ankerの 4Port Ultra Slim USB3.0 Deta Hub 60cmタイプ
を購入したのでどんな感じか紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

外観、内容物、機能

箱はシンプルに「ANKER」と書いてあります。
ちなみに価格はAmazonで約1500円でした。結構お手頃価格で購入できます。

開けてみるとこんな感じで本体と説明書が入っていました。

ポート数は4つです。
どれもUSB3.0に対応しており理論値で5Gdpsの速度が出ます。
つまり、「とりあえず通信速度は速いよ」ということです。

パソコンとつなぐとポート横が青色に光ります。これで電気が来ているのか確認できますが、あまり強く光らないので僕自身光るものだと気づきませんでした。

ケーブルは60cmタイプを購入したので60cmの長さがあります。ケーブルの途中にはマジックテープがついており画像のようにケーブルをまとめられます。

ケーブルの長さが21cmのものもあります。価格はAmazonで約1400円です。60cmタイプより100円安いです。

マジックテープは邪魔なら外せます。僕はマウスのケーブルに付けてまとめています。

本体重量は実測値で42gでした。

ケーブルを含めないと28gでした。重量は特に気にする必要はないです。

USB3.0の注意として900mAを超えないようにしてくださいと書いてあります。電力を使うものは多くは繋げませんのでご注意を。

使ってみて

僕の場合は

  • ワイヤレスマウス
  • キーボード
  • マイク
  • スマホの動画、画像転送

こちらを接続して使いました。それぞれの使用感を話すと、

マウス

マウスはLogicoolのG PRO WIRELESSというマウスを使いましたが遅延を感じることはなったです。

キーボード

キーボードはRazerのBlack widow liteというモデルで、白色にLEDが発光するのですが問題なく使えています。

マイク

マイクの音質はヘッドホン聞きましたが、僕の耳で聞く限り音質の劣化は感じられませんでした。
マイクはMarantzのM4UとオーディオインターフェースのAG03をそれぞれ接続して試してみました。

動画、画像

最後にスマホを接続して動画や画像を転送しましたがPCに直接つないだ時と比べても速度に差はなかったです。

以上のように普通に使う分には問題なしだと思いました。

60cmタイプがちょうどいい

僕の購入したタイプはケーブルが60cmタイプなのですが、これがちょうどいい長さです。僕の環境は机の横にデスクトップのPCが置いてあり、キーボードやマウスは机の上で操作しています。

なので机の上にUSBハブが持ってこれたら使いやすいなと思っていましたが、60cmは長くなく短くなくという長さでちょうどいいと感じました。

デスクトップPCを使っている方は僕と似たような環境だと思うので、その場合は60cmタイプの方が使いやすいのかなと思います。

ノートPCやデスクトップPCとの距離がそんなに離れていない場合は、21cmタイプで十分かと思います。

使っていて特に不満は感じなかったのでいい買い物をしたなと思っています。

ではでは紹介を終わりたいと思います。ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました